2011年10月07日

蛸と海女







    ウフッ!マッサージ店のあの穴あきベッドが・・・・




   



  こんにちは


  みーぼーです。




  前回の海女さんについてのエロ考察の続きです。




  エロ考察といいますかね、





  あぁ、あなたは私を変態と一喝するでしょうか?





  タイトルでピンと来られた方も居らっしゃるかとおもいます。





  みーぼー、




  正直言いまして、



  禿げたオヤジが激しく腰を振り頑張るエロ動画よりも





  この絵に激しくムラムラしてしまうのですよ・・・






  それが、こちら↓



Dream_of_the_fishermans_wife_hokusai.jpg


  『蛸と海女』 葛飾北斎 1820年頃の作品

※詳しくはウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%B8%E3%81%A8%E6%B5%B7%E5%A5%B3




  

   ・・・・ど〜ですか〜???






 よくよく考えれば、



 蛸の口は目の間には無いんですけど・・・



 まあまあ、ファンタジーですから


 細かいところはいいんです。



 
 ファンタジーやSF作品に見られる、



 架空の怪物が人間と性交を行う



 『 触手責め 』



 これの起源になるものだと言われています。



 
 


 この絵には台詞があって、



 なんでも、この蛸は、


 前々からこの海女のことを狙っていたのだと・・・

※ウィキペディアに台詞がありますので、そこより転載↓


大蛸:

いつぞハいつぞハとねらいすましてゐたかいがあつて、けふといふけふ、とうとうとらまへたア。てもむつくりとしたいいぼぼだ。いもよりハなをこうぶつだ。サアサア、すつてすつてすいつくして、たんのふさせてから、いつそりうぐうへつれていつてかこつておこうか。

女:

アレにくいたこだのう。エエ、いつそ、アレアレ、おくのこつぼのくちをすハれるので、いきがはずんで、アエエモイツク、いぼで、エエウウ、いぼで、アウアウ、そらわれをいろいろと、アレアレ、こりやどうするのだ。ヨウヨウアレアレ、いい、いい。いままでわたしをば人が、アアフフウアアフウ、たこだたこだといったがの、もうもうどふして、どふして、エエ、この、ずずず

大蛸:

ぐちやぐちやズウズウ、なんと八ほんのあしのからミあんばいハどうだどうだ。あれあれ、なかがふくれあがつて、ゆのやうないんすいぬらぬらどくどく

アアモウくすぐつたくなつて、ぞろぞろとこしにおぼへがなくなつて、きりもさかひもなく、のそのそといきつづけだな。アア、アア(右画像では途切れ)

小蛸:

おやかたがしまふと、またおれがこのいぼでさねがしらからけもとのあなまでこすつてこすつてきをやらせたうへですいだしてやる




 

あらあら、


海女さんの唇に吸い付いている小蛸は、


大蛸の子分だったんですね。



海女は合計16本の足で



体中をがんじがらめにされ、



いわば蛸2匹に海女はヤラれている・・・・・




というよりも、



海女さんの台詞を見るに、




嫌がっている様子はなく、



むしろ自分から欲するような勢いで。



これは蛸による海女強姦ではなく、



蛸2匹と海女の愛の宴なのであります。




その快感に身は悶えてしまう。



ほら、海女さんは



大蛸の足をしっかり握っているじゃありませんか。



蛸の足8本のうち1本の先端は生殖器なんだそうで、



その生殖器をメスの体内に挿入して受精するらしいです。



そんなこともあって、



タコってエロティックなのかも・・・。



さてさて、



この絵の海女さんは、



ふんどし一丁で海に潜り、



一家、村の稼ぎ手として働く海の女です。



逞しくも女なのです。






いやーね、



擬人化だとか精霊信仰だとか、




民俗学だとか、



蛸の口は足の間にある事実だとか、



そういうのはもうどうでもいいんですよ。






 そこでしか味わうことのできない



 潤った舌先で優しく愛撫されるときの



 陰核で感じる


 
 あの快楽を知っている女性なら、



 あるいは、



 かつて、恥ずかしさと引き換えに



 大きく口を開き舌全体で



 押し広げられた陰部を



 下の方から舐めあげられる温もりを知っている女性なら、



 

 大蛸のファンタジー溢れる



 ヌルヌルの口が、



 身体を優しく縛り上げるように拘束する



 吸盤のついた足が、



 さり気なく乳首をも



 同時に刺激している触手が、



 時代を超えて



 感受性の高い女性のチェリー・マン様を



 
 そこに触れずとも




 ズクズクと、



 ジワジワと、



 潤わせてしまうのです。








  ・・・あ〜、




     ムズムズしてきた。。。




     実は、




     この回を書いている間、





     乳首はずーっと戦闘状態でした。





    うんうん、



    みーぼー、



    頑張りました。





   頑張ったご褒美に




    この絵を見ながら




       お一人様遊びしてきます揺れるハート






               お一人様遊び覗いてみたい?




posted by みーぼー at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エロ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。