2011年09月11日

刺激の効果があるのかい?






  隠された『妻の告白』・・・過激です。








 朝5時、



 ふと目が覚めてダンナの布団へ潜り込むと・・・







     「右のタマを揉んで〜くれ」






       と、小さな声で言うダンナ。






 「そんなに右と左の大きさが違うもの??」






  と、ダンナのトランクスの裾から





  手を滑らせて、





  そーっとそーっと、





      左右揉み比べ・・・・・









  「 う〜ん、




     確かに右のほうが少し小さいかも。




       <モミモミ>





    けどさぁ、






     揉んだところで





      大きくなるのでしょうか????」





  「刺激すれば大きくなる・・・はず」







    というダンナ。





 刺激なら今まで充分されてるじゃないの?





   「乳房を揉んだら大きくなる」




    とかいう話はきいたことある。






 酔いが回ると、



 ありえんくらいのエロ爺に変身した



 みーぼーの亡きお祖父ちゃん。




 昔、相当やんちゃして



 あちこちの女性を泣かした武勇伝を持つお祖父ちゃん。





 みーぼーが小学校低学年の頃、




 お正月に親戚が集まってワイワイやってた席でかな、




 遠い親戚の巨乳おばあちゃんが、





 「あたしゃ、



  上の子を産んだ時はさ、



  オッパイが出すぎて出すぎるからよ〜、




  たらいいっぱいに絞って、



  近所の赤ちゃんに分けてやったもんよ。」





 だなんて、



 面白くも何とも無い自慢話をしていたら、





 酔いの回った爺ちゃんが、





 「そんだけでーかいおっぱいだもん、




 助べえなダンナが



     しょっちゅう揉んどっただわ。




 揉んだら乳の出もようなるのは当たり前や〜。」





  なんぼ酔っているとはいえ、




  生き字引のような爺ちゃんが言うんだから、




  この噂はほんとうだったんだ。




  みーぼーも



  そのうちオッパイが膨らみ始めたら揉むぞ!!




  なんて思ったものですが・・・・




  実際のところ、




  どうなんでしょうね?




 効率のよいバストアップとは言えないような気もしますし、





 バストアップがオッパイを揉みたい口実にされているような




 そんな気もしますが・・・・。






 さて、




 みーぼー、




 そんなことを考えながら、




 ダンナの右宝玉をモミモミしておりましたが、






 その内、







     飽きてきてしまって、









 興味の対象は






 ちょうど程よく立ち上がったビリー(宝刀ポ様)くんへ。






 

 みーぼー、





 元気いっぱいのビリーくんを握ると・・・・
























   ・・・・・そのまま眠ってしまいました。バッド(下向き矢印)













        キャハわーい(嬉しい顔)





        
posted by みーぼー at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ラブ☆ダンナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225427325

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。