2011年05月05日

そのユルチェンコじゃない!!!


どうも


みーぼーです。




夜、



ダンナが仕事より戻ってきまして、



ダンナの夕食の用意をしながら、



昨夜のユルチェンコについてのやりとりを


アップしたことを報告。



で、



念の為に確認。




み 「ユルチェンコの動画なんだけどさぁ、



   1978年のもあれば、



   1986年もあるのよね。



   だんだんと肉付きが良くなってきてる


   その違いくらいは分かるから、


   真ん中あたりの1982年大会の動画を使ったんだけど、



   あなたが8ミリを回してたのは何年のだったん?」




ダンナ 「 85年の神戸大会!


      




      82年はまだ細すぎて、


      86年じゃ終わってんねや!


      85年のユルチェンコやないとあかんねん!





      あんた、


      ほかの女子選手見たか?」




み 「見てるわけないやん」





ダ 「あの子以外は


   みんなチンチクリンや。


   その中で彼女がどれだけ際立っとったか!」







  ・・・と、それから更に詳細にわたって、







    ユルチェンコ体のラインの話だけではなく、



    美しい四躰を生かした演技、

  

    大会での功績や彼女が最初に始めた技、



    とまあ、


  
    ユルチェンコ地雷をですね、



    みーぼー



    踏んじまいました。






み 「ま、


   ユルチェンコ ファン ネタを元に



   ブログで書いてみたかったことはね、
    


   あなたの激しく萌えな対象になるユルチェンコ、



   私に置き換えたら



   さて、なにかな?


   と考えたとき、



   迷うことなく浮かんできたのが、




   ドラマ「仁」の大沢さんのふんどし姿だったわけよ。






   あれだってね、


   ただの男前がふんどししただけじゃ


   萌えにならんわけよ。


   仁先生だから萌えなわけ。





 
   ユルチェンコも


   あのレオタードで最高の演技をするからいいわけでしょ?


   ただ、ユルチェンコがレオタード来て


   街を猫背で歩いてちゃ


   萌えバランスが崩れるわけよね。





   牢獄でふんどし姿の仁先生と



   床体操をするユルチェンコは・・・」




ダ 「全然違う!



       次元が違いすぎる!!



    とにかく



     ユルチェンコは85年!



     ブログの動画を差し替えといてや!」





  ・・・・って。




  ユルチェンコだかノドチンコだか知らんけど

            (ンコしか合ってないけどね)




  そういうところ、こだわるね・・・。




  座薬を注入されただとか、


 
  私のこと以上に赤裸々ネタにされている
  


  ということよりも



  間違った年のユルチェンコを使われた事の方が



  許せんというダンナ。



  なんかね、



  おもろい男です。



  結構、そういう妙なこだわりがあるところが



  クセのあるチーズのように好きだったりします。
  
posted by みーぼー at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラブ☆ダンナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199245031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。